DXSシリーズは、「余裕の大音圧、クラス最高の音質」をコンセプトに開発したパワードサブウーファーです。歪みの少ないバンドパス方式のプライウッド製エンクロージャーは、耐傷性に優れるDurable Polyurea Coating仕上げ。高効率のClass-Dアンプが最大1,020W(ダイナミックパワー)を出力し、耐入力に優れたカスタム設計のユニットで、そのエネルギーを余すことなく表現することが可能です。 さらにヤマハが誇るDSP技術により、周波数特性の最適化とユニットとアンプの限界性能を引き出す高度な保護機能を搭載しています。

新開発の12"パワードサブウーファーDXS15mkIIは、134dB SPLの最大出力音圧、42Hzまでの低周波数再生を実現。最適化されたバンドパス方式のエンクロージャー、パワフルなClass-Dアンプ、ロングストロークの12ンチウーファーおよび強力なDSPの組み合わせにより、そのコンパクトなサイズからは想像できないような、パワフルかつクリアでパンチの効いた超低域を提供します。

■1,020WのClass-Dアンプを搭載した12インチのパワードサブウーファー
■歪みを押えながら極めて高い音圧(最大134dB SPL)を実現するバンドパス方式のエンクロージャーを採用
■小~中規模のシステムに最適な42Hz ? 150Hzの再生周波数帯域
■用途によって柔軟で効果的な低域バランスのコントロールが可能なDSPプリセット「D-XSUB」を搭載
■キャビネットには堅牢かつ音響的にも最適なプライウッドを採用
■ステージモニター環境を向上させながら観客側の音圧を増大させる「カーディオイドモード」を搭載
■X-OVERは3段階から選択可能(80/100/120 Hz)
■35mm径またはM20ネジの両方に対応したポールソケットを装備
■可搬性を向上させるオプションキャスター(SPW-1)や装着したまま音出し可能な多機能スピーカーカバー(SPCVR-DXS122)を用意

形式 : バンドパス型パワードサブウーファー
再生周波数帯域(-10dB) : 42Hz - 150Hz
最大出力音圧(Peak) Pink Noise@1m : 134dB SPL
スピーカーユニット : 12" コーン
寸法(WxHxD、ゴム足含む) : 400 × 567 × 570 mm
質量 : 30.0kg
ポールマウントソケット : 35mm(天面 x1, 深さ80mm), M20(天面 x1, ネジ深さ25mm)
駆動方式 : Class-D
定格出力 : 1,020 W/連続 800 W
冷却方式 : 自然空冷
AD/DA : 24bit 48kHz サンプリング
シグナルプロセッシング : 48bit(Accumulator: 76bit)
LPF : 80 / 100 / 120Hz(24dB/oct)
DSPプリセット: D-XSUB: BOOST, XTD LF, NORMAL
プロテクション
スピーカー : Clip Limiting, Integral Power Protection, DC-fault, Power Switch ON/OFF
パワーアンプ : Thermal, Output Through Current
電源 : Thermal, Over Voltage
コネクタ
入力 : XLR3-31 × 2
出力 : XLR3-32 × 2(THROUGH or HPF POST)
電源 : IEC AC インレット × 1(「Vロック」ラッチ付き)
入力インピーダンス : 20 kΩ
入力感度 : (レベル:最大)0 dBu
入力感度 : (レベル:センター)+10 dBu
最大入力レベル : +24 dBu
操作子 : LEVEL, POLARITY, X-OVER, D-XSUB, CARDIOID, THROUGH/HPF POST, FRONT LED DISABLE, POWER
消費電力
Idle : 35W
1/8出力(ピンクノイズ) : 100W
電源電圧 : 100 ? 240V, 50/60 Hz

MAKEPOって何?

高速配送 YAMAHA DXS12mkII 12” Powered Subwoofer パワード・サブウーハー【ヤマハ】-スピーカー!

www.000webhost.com